So-net無料ブログ作成

Zippoカイロのメンテナンス [日記]

Zippoカイロ.jpg

 冬になると大活躍する私のZippoカイロ。かれこれ7年くらい使い続けている。
オイルそのものを燃やすのではなく、気化したオイルがバーナーの白金の触媒作用で酸化し、発熱する仕組みである。
 最近、オイルが普段の半分くらいしか入らなくなってしまった。
つまり、内綿が劣化し、オイルを染みこまなくなってきたということ。
ということで、内綿の交換をしたので、備忘録として手順を以下に記す。
あくまでも私個人の手法なので、真似して事故が起こっても私は一切責任は持ちません。

0.準備
 Zippoカイロのオイルは、必ず使い切っていること。
用意するものは以下のとおり。
 (1)新聞紙:床を汚さないようにするため、新聞紙を敷いた上で作業する。
 (2)カット綿:薬局などで適当な大きさのものを購入。
 (3)厚紙:カット綿を束ねるのに使う。
 (4)ホッチキス:カット綿と厚紙をくっつけるのに使う。
 (5)ピンセット:Zippoカイロから内綿を取り出すのに使う。
Zippo手順1.jpg


1.古い内綿を取り出す。
 ピンセットを使って、Zippoカイロから内綿を引っこ抜く。
内綿は、右側、中央、左側に 3分割されてギッシリ入っているので、全ての内綿をしっかりと取り出す。
 なお、内綿の入っていた向きを忘れないようにすること。
 →内綿は3つに分けて、縦に入っている。
Zippo手順2.jpg


2.新しい内綿の用意。
 カット綿をZippoカイロの大きさで、厚さを 2cmくらいにする。
Zippo手順3.jpg


3.内綿をまとめる。
 2.で作った内綿の中央を厚紙で挟み、ホッチキスで留める。
下の写真では、上側がZippoカイロの給油口となるので、厚紙は下側である。
Zippo手順4.jpg

 なお、綿の厚みでホッチキスが留まらない場合は、裏側からもホッチキスをする。
どうしてもホッチキスが留まらない場合は、綿の量を減らすこと。

4.内綿を 3分割する。
 このままの大きさだとZippoカイロに内綿が入らないので、取り出した古い内綿と同じようにハサミで 3つに切り分ける。
Zippo手順5.jpg


5.内綿をZippoカイロに詰める。
 1.で取り出したときの内綿の向きと同様に、3つの内綿を詰める。
綿は入れにくいが、とにかく強引に力でグイグイ押し込む。
厚紙で留めた綿は、最後に中央に入れるので、まずは右側→左側(または左側→右側)の順に綿を詰める。
左右の綿をキッチリと両端に詰めこんだら、最後に厚紙で留めた綿を中央に詰め込む。

 内綿は、給油口よりも下に入れないとバーナーを損傷したり、上手く点火できなくなる可能性があるので、しっかり押し込むこと。
Zippo手順6.jpg


6.給油して使ってみる。
 以上で内綿の交換は終了。
 早速、給油してみたが、古い内綿の2.5倍も入れることができた!
そして、Amazonで買っておいた新しいバーナーを装着して点火。
やはり新しいバーナーは、熱量が格段に違う。物凄く熱い。
ということで、今シーズンも冬を楽しもう!

 ちなみに、内綿を新しいものに交換しても点火できない場合は、バーナーが劣化しているか、内綿がバーナーにくっ付いてしまっている可能性がある。
この場合は、新品のバーナーを使ったり、内綿の位置を調整する。
ちなみに、バーナーは、1年に1回交換することが望ましい。
Zippo手順7.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。